超簡単ビーズの指輪を作ってみよう


とっても簡単なのです。
でも、そこそこ可愛かったり・・


材料は、真鍮線とビーズだけです。用意する道具は、針金を切るニッパと曲げるためのラジオペンチのみです。

1.材料の真鍮の針金は、私たちがネームブローチに使っている物は少し硬くて初めての方には細かな曲げは、難しいです。ちょうど良い硬さで作業がしやすくって安いのが、ダイソーの日曜大工コーナーにある真鍮の針金で#20番を使います。ホームセンターの針金コーナーにある真鍮の針金は、なまし線と言って柔らかくぐにゃぐにゃで、アクセサリーには使えません。

2.ニッパ・ラジオペンチも100円均一の物で十分です。

3.ビーズ、写真の物は4mmのビーズです。大きさや色や形は特に自由ですが、1mmの穴のあいている物を使います。

その1

真鍮線を丸い棒に巻きつけて、基本となるリングを作ります。
写真は、これも100円均一で買ってきたキリの柄を使っています。キリの柄は、刃先の方は太く上は細くなっているので、巻きつける場所を変えると指のサイズに合ったリングを作ることが出来ます。

その2

出来たリングは、ちょうど3周で切り取り1個分で使います。

その3

ビーズを通す。
4mmの玉で5つほどが綺麗な感じがします。
天然石を使う場合は、注意が必要です。この後の作業で針金の端を絞め付けるときに、天然石だと圧迫されて割れてしまう物があります。天然石のときは、両端にガラスのビーズを入れるのが良いです。

その4

終端作業です。
円周から見て4分の1を外側から横の2本の針金の方向へ90度に折り曲げます。

その5

横の2本の針金を抱くように、内側へ折り曲げて、一周巻きます。
これを両側行って完成です。
切り口に返りが出ているときは、爪きりに付いているヤスリなどで、軽く削っておきましょう。